□IoT推進委員会TOPへ   □最終更新日:2015-8-20
IoT推進委員会 WGについて
 
ワーキンググループ
IoT推進委員会では、会員企業の相互交流を図り、課題を共有し、事例を研究することで、具体的なIoTビジネスを創生を図るため、次の3つのWGを設置します。

IoTビジネス検討WG
ビジネス創出支援
当委員会では、ビジネス検討ワーキンググループを組成し、会員並びに会員相互におけるビジネス創出の支援を行います。具体的な取り組みとしては、IoTの適用分野の整理と課題共有、日米欧の先行事例の整理検討、応用事例のビジネス化に向けた検討を進め、情報発信による普及促進や会員相互間のビジネスマッチング機会の提供を、以下に示す「実証実験ワーキンググループ」や「デバイス・プラットフォーム検討ワーキンググループ」とも連携しつつ支援を行います。

IoT実証実験WG
実証実験の推進
当委員会では、実証実験ワーキンググループを設置し、会員提案のIoTソリューションの有効性実証試験を支援します。これにより、参加会員様のもつ広範な環境、機器を組み合わせることにより、様々なソリューションの実証が可能となります。

IoTデバイス・プラットフォーム検討WG
標準化、制度提案の推進
当委員会では、デバイス・プラットフォーム検討ワーキンググループを設置し、IoTを推進するために、相互接続性や相互利用に必要な要件の検討を行います。また、実証実験WGにおいて実証可能なものについては、その要件の検証を行います。
さらに、その結果をもって他のWGや推進委員会の協力を得て、各種標準化団体への提案や電波利用、制度設計への提言を進めます。

 
Copyright (C) Internet Association Japan