セキュリティサーベイ・パーソナル2004


 本調査は、財団法人インターネット協会がコンピュータセキュリティの普及・啓発、セキュリティ・ビジネスの市場拡大と促進を目的に実施するものです。
 また、インターネットを利用する個人に対し調査を行うことにより、どのようなセキュリティ対策が必要とされているかを分析し、今後のインターネット・セキュリティ対策が適切かつ効果的に展開できるよう検討する際の資料とするものです。

◆調査期間: 2004年6月29日(火)〜2004年7月2日(金)  終了いたしました。

◆調査対象: インターネットユーザー全般

◆調査項目: インターネット利用環境、セキュリティ上脅威と感じる事項
セキュリティ対策の実施状況など (全16項目)

◆調査方法: Web上に用意した設問にご回答ください。

  なお、6月30日から7月2日に開催のNetWorld+Interop 2004 TOKYOの会期中、
ご回答後に表示のページをプリントアウトして、インターネット協会ブースに
お持ちいただくと(不可能な場合は回答した旨係員にお知らせください)、
もれなく粗品をプレゼントいたします。


  NetWorld+Interop 2004 TOKYO
展示会:2004年6月30日(水)〜7月2日(金) 幕張メッセ
http://www.interop.jp/

インターネット協会ブースは、7G34 となります。

多くの皆様のご協力をお待ち致しております。 よろしくお願い申し上げます。

IAjapanトップページへ
セキュリティ研究部会ページへ戻る


Copyright(C)2004 Internet Association Japan
財団法人インターネット協会