□IoT推進委員会TOPへ   □最終更新日:2017-10-25
IoT推進委員会について
 
ご紹介
インターネット協会では、情報通信産業とその利用産業分野との接点を持ち、それぞれの産業分野での課題を共有した上で、ビジネス創出の場とするため、2015年度「IoT推進委員会」を発足しました。

目 的
現在IoTは、世界中で官民問わず注目されるビジネス領域として、大きな期待を集めております。特に、今後の我国の経済成長に大きく寄与する分野として期待する企業も数多く、アベノミックスの示す成長戦略においても、重要な技術領域と位置付けられております。

IoTは、本来Internet of Thingsという、高い多様性を目指すものですが、現状では国内外を問わず垂直統合型の規格、業界団体が乱立しています。これは、かつてインターネット誕生前に、独自のパソコン通信やVAN(付加価値通信網)が勃興した時代と同様、混沌とした状況にあるともいえ、社会基盤として広く普及するために必要な相互接続性・利用性が十分に整っていない状況といえます。

私たちインターネット協会は、インターネットの黎明期より、インターネットの精神に則り、自由闊達なインターネット社会の構築を進め、相互接続性、利用性の高度化を推進することにより、IT革命による経済成長の一端を担ってまいりました。

インターネットに接続されるデバイスが500億を超えるIoT(Internet of Things)時代を見据え、IoTの本質がモノの相互接続という理解のもとに、これまでインターネット産業に関わってきたISPビジネスを始めとする情報通信産業から、建設業、運輸業、製造業、農業、医療などこれまで直接インターネット産業に関わってこられなかった産業分野にインターネットの主戦場が推移していると認識しています。

そこで、情報通信産業とその利用産業分野(建設業、運輸業、製造業、農業、医療など)との接点を持ち、それぞれの産業分野での課題を共有した上で、ビジネス創出の場とするため、IoT推進委員会を設立致しました。

活動内容
業界を超えてつながるIoTショーケースの実現
当委員会では、自動車、重機、センサー、家電、医療機器等、業界、業種、通信方式を問わず、インターネットに接続される製品、サービスを網羅するIoTショーケースを実現します。
このショーケースでは、IoT関連機器、サービスを、紹介するだけでなく、相互接続の確認、ユースケースのデモンストレーションの場を提供し、広くビジネス創出を支援致します。


構成
constitution

 
Copyright (C) Internet Association Japan