平成28年7月7日
一般財団法人インターネット協会
インターネットを利用する皆さまより手記を募集します
第3回『コンクール』(4部門)の実施


応募締切:平成28年11月30日(水)

  一般財団法人インターネット協会(東京都港区、理事長:藤原洋)は、インターネットを利用する皆さまの体験談や提案を募集し、安心安全な利用に役立つ手記を表彰することにより、より安心安全なインターネットの実現に貢献したいと考え、平成26年からコンクールを実施しています。本年度も以下の要領で、コンクールを実施します。

  ご自身の活用術やトラブル克服体験談、または日頃考えている問題意識や意見、理想のインターネットの提案など、いろいろな思いを綴っていただくものです。例えば、遠く離れた親族や友人とのやりとり、海外の方々と多言語を通じてのやりとり、インターネットならではの好事例や、親子で奮闘してルールを作った実話など、是非多くの皆さまに手記に応募して頂きたく思います。

  優秀な手記を選出し、インターネット協会のウェブページに掲載します。それらの公開・共有により、インターネット利用者自身の参考としていただくと共に、インターネット関係者の啓発活動の参考にしてもらうことを目的とします。優秀作品に選ばれた方へは、賞金最高額5万円および賞品を贈呈します。

  これまでの優秀作品
第2回(平成27年度) 132作品の応募の中から、17作品を表彰
http://www.iajapan.org/contest/2015-kekka.html
第1回(平成26年度) 120作品の応募の中から、19作品を表彰
http://www.iajapan.org/contest/2014-kekka.html

<作品をご覧になった方の感想より>
・ 老若男女問わず多くの人がインターネットを利用していることがうかがえた
・ ネット利用のいい面や悪い面など様々で、利用の仕方でいろいろだと考えさせられた
・ 非常に心温まる内容の手記で、新鮮な考え方を知ることができ感動した
・ 情報モラルに詳しくない利用者が一生懸命で、本物のドラマだと思うとじーんときた
・ インターネットやスマホ利用のルール作りのヒントになるようなものも多く、大変参考になりました
・ このような機会が、皆でインターネットを考える良いきっかけになると思うので、来年度以降も実施をしてほしい

■内容

  コンクールには、「4つの部門」があります。

①インターネット使いこなし部門

  「私はこのようにSNSを使いこなしている」「無理をせず、必要な時間でこんな風に利用している」等の手記を募集します。インターネットを利用することにより、生活とコミュニケーションがどれだけ豊かになっていったのかを期待します。また、実際には使いこなしていなくても、このように使いたいというアイデアや提案等の手記もお待ちしています。
  沢山の利用者が真似をしたくなるようなヒントが盛り込まれているかどうかの視点で、評価をします。

②インターネットトラブル克服部門

  「私は、トラブルに遭ったが、こうやって克服した」「トラブルに遭った人を助けてあげた」「ネット依存をこうやって克服した」等の手記を募集します。トラブル克服のためのヒントとして、トラブルに苦しんでいる方のための一助になればと望みます。また、実際にはトラブル経験がなくても、トラブルに遭わないための意見等の手記もお待ちしています。   インターネットと楽しく安全に付き合うために、利用者や関係者は何をしたらよいのか、そのようなヒントが盛り込まれているかどうかの視点で評価をします。

③親子のルール作り部門(保護者編)

  インターネット利用のための親子のルール作り、フィルタリングやその他の方法を駆使した事例や奮闘記などを募集します。
  ケータイやスマホを持たせる際に、親子で考えたルールや、フィルタリングのかけ方など、各家庭で駆使されていること、奮闘記等の手記を、保護者の目線からの応募を期待します。また、実際にはルールを作っていない場合でも、このようなルールがよいという提案等の手記もお待ちしています。
  青少年のインターネット利用のために、保護者や関係者が何をしたらよいのか、そのようなヒントが盛り込まれているかどうかの視点で評価します。
  参考:『その時の場面集』に掲載している「フィルタリング編」

④インターネットのルール作り部門(青少年編)

  インターネットを利用するために、自ら考えたルールや学校でのルール作り、親子で一緒に考えたルール作りなどの手記を、青少年の目線からの応募を期待します。そして、そのルールによって、インターネットの利用が楽しくなったという経験なども書き添えてください。また、実際にはルールを作っていない場合でも、このようなルールがよいという提案等の手記もお待ちしています。

■募集方法

1.応募締切:平成28年11月30日(水)

2.応募対象:インターネットを利用する方ならどなたでも

3.応募文字数:原稿の場合800~1,600文字程度、マンガや写真を挿入しても可。

4.応募方法:

  
応募用紙(Wordファイル  ここをクリック)にご記入の上、インターネット協会のコンクール専用メールアドレス「contest2016●iajapan.org」宛に、メール(件名:コンクール応募)に添付して送付ください。
  注意:「●」を「@」アットマーク に書き換えてください。

  なお、Wordファイルの送付が難しい場合、メール件名:コンクール応募、メール本文に、「ハンドル名(希望により、実名でも可)、年齢、性別、お住まい(地域のみ例:北海道)、電子メールアドレス、該当部門名、手記タイトル、手記本文」を記載しメールをお送りください。(メール本文が改行なしで全角499文字を超えると、文字化けすることがありますので、適宜改行を入れるなどご注意ください。)

  ご応募いただきました後、受理確認のメールをお送りします。数日経過しても確認メールが届かない場合は何らかのトラブルが考えられますので、その際は、再度お送りいただくか、お問い合わせいただきますようお願いします。

5.注意事項:

・ご応募に際し、いただきました個人情報につきましては、手記の管理及び選定、賞品発送の目的以外では利用いたしません。適切に管理させていただきます。インターネット協会プライバシーポリシー
・手記の著作権はインターネット協会に帰属するものといたします。よって、インターネット協会が発行する印刷物などに手記を掲載させていただく場合もございますので、予めご了承の上ご応募ください。
・インターネット通信料など、ご応募にかかる費用は応募者ご本人のご負担となります。また、当サイトの利用または利用不能により生じる損害については、インターネット協会は一切責任を負いかねます。
・優秀作品の発表は、「手記」、「お名前またはハンドル名」、「年齢」、「お住まいの地域」を掲載します。
・優秀作品を掲載する際には、手記について選者のコメントを付記させていただく場合がございます。また、掲載の都合上、手記の一部を編集させていただく場合がございます。予めご了承ください。
・ご応募いただいたすべての手記を掲載するものではございません。
・応募内容、選考結果に関するお問い合わせは受け付けておりません。
・作品をご応募いただいた時点で、本応募要項、その他全ての内容に同意されたものといたします。ご了承の上ご応募ください。

6.選考方法:インターネットサービス運営会社、フィルタリング事業者、有識者にて構成した選考委員会にて優秀手記を選考します。

7.優秀者:優秀作品に選ばれた方へは、インターネット協会より電子メールで連絡し、インターネット協会のサイトに掲載するための公開情報を、事前に確認いたします。また、賞品贈呈をするため、ご住所を確認いたします。

8.選考結果:平成29年1月発表予定

9.賞金賞品:最優秀者(5万円)4名他複数名へ賞金・賞品を贈呈。また優秀者(20名程)へ賞品を贈呈。

■チラシあります
   A4サイズ両面1枚(PDFファイル) pdf

■お問い合わせ
  一般財団法人インターネット協会  担当:大久保、小南、島田   連絡フォーム