Twitter編 ホームへ行く
目 次
1 サービス概要 9 ブロックしたい 17 アカウントが乗っ取られた
2 利用可能な年齢 10 ツイートを非公開にしたい 18 退会したい
3 安全に利用する為に 11 他人のツイートを削除したい 19 アカウントを復活したい
4 登録をしたい 12 ダイレクトメッセージを送りたい 20 なりすましやツイートの違反報告をしたい
5 ツイートしたい 13 アカウント情報を変更したい 21 利用規約を確認したい
6 ツイートを削除したい 14 プロフィール情報を変更したい 22 ガイドラインを確認したい
7 リツイートしたい 15 アカウントが凍結された 23 プライバシーポリシーを確認したい
8 フォローしたい 16 アカウント情報を忘れた 24 問い合わせをしたい

 9 

ブロックしたい


  自分がフォローされたくない人がいる場合は、その人をブロック設定しましょう。

 フォローされたくない、@返信、@ツイートを受け取りたくない人がいる場合は、その人をブロック設定しましょう。ブロックをすると、ユーザーからの@返信、または@ツイ ートを自分の[@ツイート] タブに表示させること、あなたをフォローすること、そのユー ザーのプロフィールページまたはタイムライン内に、あなたのプロフィール画像を表示させることができなくなります。その人のツイート、もしくはプロフィールからブロック設定が可能です。
 ブロックしたことの通知がその人に行くことはありませんが、あなたのプロフィールページからフォローしようとしてもできなくなりますので、ブロックされていることに気が付くかもしれません。
ブロック画面(PC)
ブロック画面(PC)
     プロフィールからのブロック画面(スマホアプリ)
プロフィールからのブロック画面(スマホアプリ)

ブロック方法 のヘルプ
https://help.twitter.com/ja/using-twitter/blocking-and-unblocking-accounts

  フォローしたままツイートを非表示にしたい場合は、ミュートの設定を利用しましょう。

 特定の人のツイートを自分のタイムラインに表示したくない場合、ブロックの他に[ミュート]という方法があります。ブロックとは違い、相手は自分がミュートされたという事には気がつきません。フォローを継続したままでも、ミュートをオンにした人のツイートやリツイートはタイムライン上には表示されなくなります。しかしフォローは続いているため、あなたのツイートは相手に見え、また相手があなたにダイレクトメッセージを送る事も可能です。ブロックはせずにフォローを継続したままで、自分のタイムラインに相手のツイートを表示したくない場合はミュートの利用をしてみましょう。その人のツイート、もしくはプロフィールからミュート設定が可能です。詳細は下記のヘルプページを参照してください。
ミュート画面(PC)
ミュート画面(PC)
     プロフィールからのミュート画面(スマホアプリ)
プロフィールからのミュート画面(スマホアプリ)

ミュート方法のヘルプ
https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-mute

  ブロック、ミュートをしている相手を一覧で確認することができます。

 設定画面から、自分がブロック/ミュートをしている相手を Twitter の Web サイトから一覧で確認することができ、またそこからブロック/ミュートの解除を設定することも可能です。

ブロック/ミュート一覧画面(PC)
ブロック/ミュート一覧画面(PC)